ウォーターサーバーを使った健康生活

なぜウォーターサーバー?

ウォーターサーバーが優れている点は、自分で水の確保をする必要がなく新鮮で美味しい水を飲むことができる点です。ウォーターサーバーに入る水はミネラルウォーターやRO水など各社によって異なりますが、すべて塩素消毒されておらず安心です。
水自体はスーパーなどでも売っていますが、箱で買うと非常に重くなります。2リットルのペットボトルが6本とすると12キロなので女性や高齢者では難しい重量です。更に水は毎日飲むので無くなるスピードも早いですし、頻繁に水を買いに行かなければなりません。ウォーターサーバーであれば大変な思いをすることもないですし、災害時にはタンクを飲み水として活用できます。このように、ウォーターサーバーを利点に満ちています。

水道水では駄目なのか

水を入手する手軽さで考えると、水道水の方がウォーターサーバーよりも優れていますが水の質に関してはウォーターサーバーの方が優れています。その違いは消毒の有無で、水道水は安全の為消毒することが義務付けられています。ウォーターサーバーの水は消毒剤ではなくろ過によって安全が保たれているのでカルキ臭がありません。
水道水は毎日摂取しても安全だとされていますが、菌をほぼ全滅させてしまうほどの威力がある塩素が使われている限り、絶対的な安全はあり得ません。塩素は人間の内臓を使って無毒化しますが、それだけ負担がかかっているのです。ウォーターサーバーの水は塩素などの異物を無毒化する必要がないので体にも優しい水なのです。

自宅でいつでも美味しい水を飲めることから人気が高まっているのがウォーターサーバーです。サーバー自体はそれほど電力を必要とするものではないので、ウォーターサーバーの電気代は高くありません。